J.Juan 、カワサキレーシングチーム(WSBK)との契約を更新

J.Juan 、カワサキレーシングチーム(WSBK)との契約を更新

J.Juanは、スーパーバイク世界選手権(WSBK)のトップチームであるカワサキレーシングチームと、9年目となる今シーズンも、製品スポンサー契約を交わしました。

ギムとビエール・ロダ の兄弟が率いるカワサキレーシングチームは、この9年の間に7つの世界タイトル(1つはトム・サイクス、6つはジョナサン・レイによるもの) を獲得しており、モトレース史上 の中でも、最高のチームの一つと言われています。

カワサキチームは、J.Juanが製造する油圧ブレーキパイプシステムをレース用のバイクに完全装備しています。 このシステムは、熱があってもチューブが伸びないようにする非伸長性のメッシュ鋼管でできているため、ライダーは常にブレーキングする時に、ズレのない「ブレーキング感覚」を感じることができます。

ジョナサン・レイは次のように証言しています。「カワサキチームがJ.juanのブレーキパイプを使用しているのは、最初のコーナーから最後まで、自分のブレーキングしている感覚とマシンがブレーキする感覚とをを同じように感じることができるからです」。

この製品はレースライダーたちから非常に高く評価されています。レースでのブレーキングはミリレベルの精巧さが必要であり、最高のレースパフォーマンスを達成するためにも、完璧でなければなりません。ミリ単位で適切なパフォーマンスを実現する鍵となるのは、主に、ライダーがカムに加える力をキャリパーに伝達する役割を担う油圧チューブによるものです。

J.Juan社は、メッシュ油圧チューブの製造における世界的リーダーであり、オートバイブレーキ生産において、ヨーロッパで2番目のメーカーです。 1965年にバルセロナ(スペイン)で設立され、現在は640人の従業員をかかえる世界的にも知られた企業となりました。 また同社は、1961年にベルガモ(イタリア)で設立されたブレーキ技術の世界的リーダーであるブレンボグループの一員でもあります。ブレンボは、AP、AP Racing、Breco、Bybre、J.Juan、Marchesini、SBSFrictionなどの有名ブランドを所有しており、 グループ全体では15か国と3大陸に12,000人以上の従業員を擁し、29の生産拠点と事業拠点を有しています。

Husqvarna ハスクバーナ Norden 901 J.Juan のブレーキを搭載

Husqvarna ハスクバーナ Norden 901 J.Juan のブレーキを搭載

Husqvarna ハスクバーナは、ヨーロッパで最も熱いセグメントである中型(1000cc以下)オフロード/トレイルのカテゴリーでリーダーシップを発揮したいと考えています。 そのために、899ccの排気量と8,000rpmで105Cvのパワーを持つ、アスファルトとオフロードのための並外れた能力を有する、バイクトラベラーのためのNorden901 2022を発売しました。

このモデルには、キャリパー、メッシュ油圧チューブ、ポンプなど、すべてがJ.Juanによって製造され、組み込まれた完全なブレーキシステムとして装備されています。 システムの正確なブレーキング感覚は、バイクに関わる分野のさまざまな専門メディアによって高く評価されています。 キャリパーはブラックアルマイト処理されており、レーザーで刻印された「ハスキー」ロゴが特徴です。 フロントブレーキは放射状に取り付けられており、2つの320mmディスクに4つのピストン。 リアは、260mmディスクと組み合わせたツインピストンフローティングキャリパー。

ハスクバーナNorden 901 を操縦することは、 その優れた動作と、市場で最も望まれていたバイクにふさわしい構成部品の数々によって、 素晴らしい体験をもたらせてくれるでしょう。

J.Juan社は、メッシュ油圧チューブの製造における世界的リーダーであり、オートバイブレーキ生産において、ヨーロッパで2番目のメーカーです。 1965年にバルセロナ(スペイン)で設立され、現在は640人の従業員をかかえる世界的にも知られた企業となりました。 また同社は、1961年にベルガモ(イタリア)で設立されたブレーキ技術の世界的リーダーであるブレンボグループの一員でもあります。ブレンボは、AP、AP Racing、Breco、Bybre、J.Juan、Marchesini、SBSFrictionなどの有名ブランドを所有しており、 グループ全体では15か国と3大陸に12,000人以上の従業員を擁し、29の生産拠点と事業拠点を有しています。