新しいFord Rakun フォード ラクン はJ.Juanブレーキシステムで完全装備

新しいFord Rakun フォード ラクン はJ.Juanブレーキシステムで完全装備

J.Juanはフォード社の新しい電気オートバイに「ブレーキをかけます」。

バルセロナの企業であるJ.Juan社のブレーキシステムと油圧ホースが、ヨーロッパ最大の商用車生産者であるFord Otosanフォード・オトサン社の新車に採用されました。 バイク車両はトルコ国エスキシェヒル市で生産されています 。

この新しいアーバンモビリティビークルはRakunラクンと名づけられました。後輪が2輪の三輪バイクモデルで、走行継続可能距離100キロメートル以上、4.5時間で完全に充電されるバッテリーシステムを備えています。 「Rakun Pro 2 ラクンプロ 2」と名づけられた二輪車モデルには、J.Juan社のØ12mmのハンドマスターシリンダーで作動するØ25mmのダブルピストンフロントキャリパーと、 Ø14mmの左側のマスターシリンダーで作動する軽量のØ30mmシングルピストンフローティングリアブレーキを搭載。

フロントブレーキとリアブレーキには、J.Juan社製の油圧ホースと優れたCBSを設置しています。

後輪2輪のロードバイクモデル「RakunPro 3ラクンプロ3」には、より多くのパフォーマンス容量を持つため、左手からのケーブルで5mmのディスクを作動する傾斜防止パーキングクランプにて、優れた安定性をサポート。 このブレーキシステム全体が、JJan社によって作成および製造されています。 このロードタイプの三輪車の構成は、リアキャリパーが後輪二輪にひとつずつ合計2つ、軽量化されたØ25mmピストンが1つ付いていること以外は、2輪モデルとほぼ同じ仕様となっています。 このモデルも 姉妹モデルのPro2と同様に、J.Juan油圧ホースシステムと標準のCBSを備えています。

J.Juan社は、メッシュ油圧チューブの製造における世界的リーダーであり、オートバイブレーキ生産において、ヨーロッパで2番目のメーカーです。 1965年にバルセロナ(スペイン)で設立され、現在は640人の従業員をかかえる世界的にも知られた企業となりました。 また同社は、1961年にベルガモ(イタリア)で設立されたブレーキ技術の世界的リーダーであるブレンボグループの一員でもあります。ブレンボは、AP、AP Racing、Breco、Bybre、J.Juan、Marchesini、SBSFrictionなどの有名ブランドを所有しており、 グループ全体では15か国と3大陸に12,000人以上の従業員を擁し、29の生産拠点と事業拠点を有しています。

CFモトにJJuanラジアルツイン4P搭載

CFモトにJJuanラジアルツイン4P搭載

CF Motoが発信する最初の大排気量トレイルバイクには、J.Juanの「JJラジアルツインフロントキャリパーブレーキが装備されています。

この新しいモデルは、ヨーロッパの2輪セクターで最も重要なブランドのひとつとして、その地位を確立しつつある中国ブランドバイクの品質の飛躍を顕著にあらわすものです。

新しいCFモト800MTは、これまでに中国のブランドによって生産されたバイクとしては最大の排気量のもの。 このモデルは、「トレイル」および「ツーリング」モーターサイクルのミドルレンジに位置され、非常に競争力のある価格で提供されています。 モーターサイクルの出力は94馬力で、A2ライセンスクラスに限定されています。

CFモト800MTへのブレーキパーツの採用については、他のモデルに装備したブレーキシステムのパフォーマンスの良さの結果をふまえて、CFモト社はひきつづき、J.Juan社のブレーキシステムへの信頼を持続、搭載をし続けけています。 “JJ Radial Twin 4p”として知られているフロントブレーキシステムは、4ピストンラジアルキャリパーであり、優れたかみ合わせを備えたモノブロックキャリパーを備えています。

J.Juan社はすでに、KTMアドベンチャー790や Husqvarnaハスクバーナノルデン901などといった、高性能オフロードスポーツツーリングスタイルのモーターサイクルモデルへ、このブレーキシステムを装備しています。

CF Moto社は、2輪セクターだけでなく、ATVおよびUTVセクターでも大きな注目を集めているブランドです。

J.Juan社は、メッシュ油圧チューブの製造における世界的リーダーであり、オートバイブレーキ生産において、ヨーロッパで2番目のメーカーです。 1965年にバルセロナ(スペイン)で設立され、現在は640人の従業員をかかえる世界的にも知られた企業となりました。 また同社は、1961年にベルガモ(イタリア)で設立されたブレーキ技術の世界的リーダーであるブレンボグループの一員でもあります。ブレンボは、AP、AP Racing、Breco、Bybre、J.Juan、Marchesini、SBSFrictionなどの有名ブランドを所有しており、 グループ全体では15か国と3大陸に12,000人以上の従業員を擁し、29の生産拠点と事業拠点を有しています。

J.Juanのウェブが日本語でも閲覧可能に

J.Juanのウェブが日本語でも閲覧可能に

2020年7月17日から、J.Juanのサイトが日本語でもご案内できるようになりました。 ウェブやSNSのインフォメーションだけでなく、ニュース、そしてメールでも日本語でご覧いただけるようになっています。

ウェブサイトに表示される日本語は、日本人ネイティブによって翻訳されたもので、ご案内や表示されているページは、スペイン語と英語で表示されるものと同じ内容となっています。

日本語バージョンをご覧いただけるようになったことによって、日本の企業様、ならびに二輪車競技の世界で15にもおよぶタイトルを獲得できるという結果をもたらせるために、ともに業績を築き上げてきたコラボレーションチームの皆様にも、わかりやすく情報を提供できることとなりました。

J.JUAN社、アレッシオ・カプート氏を事業開発ディレクターに任命。

J.JUAN社、アレッシオ・カプート氏を事業開発ディレクターに任命。

J.JUANグループは企業成長にともなう事業強化策として、アレッシオ・カプートAlessio Caputo 氏を事業開発ディレクターとして迎えました。 カプート氏の主要責務は、自動二輪車セクターの油圧チューブ、ブレーキシステム、電子機器における世界規模の市場占有率の拡大に合わせたJ.Juanグループ企業戦略計画の構築と実施のリーダーシップをとることです。

カプート氏は、二輪車およびRV車の分野の世界市場におけるエキスパートで、この分野においては深遠な知識と経験をもつ人物です。1998年から2009年まで自動二輪車部門で事業開発ディレクターとして、さらに2009年〜2019年までイタリアの企業Triom社 (後Varroc Lighting Systems社)のCEO を勤め、のべ21年にわたって自動二輪車事業にかかわり、ヨーロッパ、北米、インド、ベトナム、日本など世界各国における市場シェアの拡大の舵を取ってきました。

彼の指揮のもとTriom社はベトナムのハノイに支社を設置、アジア圏のクライアントに自動二輪車と限定車両などのための照明灯システムを提供する市場拡大を実現。 また、インドの企業において新しいビジネスの統合のリーダーとなり、技術、物流、流通のサポートを提供することにより、国際的な企業へと成長させる重要な役割を果たしました。

J.JUANグループの意欲的で熟練した専門スタッフのチームを率いることになったアレッシオ・カプート氏は、 市場に関する深遠な知識と経験を備えた優秀なエクゼクティブリーダーとして、確実にJ.JUANグループの市場への定着とクライアントからの信頼を強化をもたらせてくれることでしょう。

J.JUAN ブレーキシステムにとって重要なシーズンとなった2019年世界選手権

J.JUAN ブレーキシステムにとって重要なシーズンとなった2019年世界選手権

今や、J.JUANのブレーキシステムは、世界の名声を手に入れつつあります。 大げさな表現であるとか、マーケティングの手法であるなどと思われるかもしれませんが、 J.JUANの製品は愛によって作られた逸品であるこということだけで、それ以上の理由は存在しません。

我々の製品は、スピード、オフロア、四輪車にいたるまで現行のレースにおいて、勝利を手にしています。 これも、おおげさに聞こえるかもしれませんが、現実に起こっていることなのです。

スピードレースでは表彰台の常連に

スピードを競う競技では、Moto3(250ccクラス)ではイタリア、フランス、ポルトガル、スペインでチャンピオンを獲得。シングルディスク、Premoto3レースでもチャンピオンに選ばれています。 またJ.JUANの製品は 欧州(FIM-CEV)のモーターサイクル3やタレントカップでも採用され、 Honda、BeOn、RMU、KTM、MIRなどのさまざまなブランドに装備されています。

多数の人々は、J.JUANがMoto3(250ccクラス)の世界選手権においては成功を得られなかった、と言うかもしれません。 しかし、それは違います! 今シーズンの世界選手権の舞台では、我々のシステムを搭載することができなかったのです。我々の製品エンジニアのチームは、ダブルディスクブレーキの仕上がりがまだスピードレースの舞台で勝利を得る段階にまで到達していないと判断したからでした。しかしながら、我々のサムブレーキを使用したレースパイロットたちは、引き続きこのブレーキを使用し、アロン・カネットの例を見るように、レースで勝利を獲得し表彰台に上がっています。 次期シーズンにおいては、我々のサムブレーキシステムは、MotoGPを含めた、様々なカテゴリーでさらにポジティブな結果をもたらしてくれることでしょう。

また、Moto2のカテゴリーにおいては、今シーズン大きな飛躍を見せました。 今まで勝利を手に入れるまで苦難の道をたどっていたStop and Goチームが、J.JUANのブレーキシステムを起用。 結果、今シーズンは、2度のポールポジションをて、2度にわたって表彰台に上がるという栄光を手にしました。 来シーズンは、アレックス・マルケスをチームに迎え、レースに挑みます。

ジョナサン・レイの今シーズン

スーパーバイクのレースでは、なんと! ジョナサン・レアが、5度の勝利を獲得し、この特別なバイクレースの世界の歴史を塗り替えました。 Kawasakiがこのカテゴリーで一度も勝利したことがないことは知る知っているのは少数ですが、ギムとビエルのロダ兄弟がチームの責任者となり、J.JUANの油圧ブレーキを搭載してからは、 7シーズン中6つの世界タイトルを手にしています。

一方、アナ・カラスコは、2度にわたる不本意な転倒によって、今年は世界タイトルを得ることはできずに3位に甘んじましたが、 ムルシア出身の弁護士の卵、22歳になったばかりのアナにとっては例外的なシーズンだったと言えるでしょう。

なんといってもトライアルレース!

オフロードレースについては、ほとんどのトライアルバイクにJ.JUANのBraktecブレーキテックが搭載されており、再びこのシステムによるの栄光の勝利を再現することになりました。 将来、私たちの製品を搭載しないオートバイが、GPTrial、ジュニア世界選手権、または女子世界選手権の表彰台に上がるという日がくるかもしれませんが、 ここ7年間 (2012-2019)のトライアルレースにおいては、トニー・ボウ, アダム・ラガ そして エンマ・ブリストウEmma Bristowの巧みなドライビングのおかげで、J.JUAN のBraktecブレーキテックがこのカテゴリーのブレーキ製品のドンとして、頂点に君臨しています。

 

エンデューロレースへの到達、経験、勝利。

J.JUANにとっての新しい経験、モトクロス。 2019年、スペインのモトクロスチャンピオンレースにおいて、Braktecブレーキテックを新しいブレーキシステムとしてモトクロスバイクに搭載しました。 アイディアとしては、まずはモトクロス国内レースの部門で製品をテスとするというもの。 この試みはモトクロスチームであるJezykの手に委ねられ、すでに成果として現れています。 さらには、数名の選手がいくつかのヨーロッパ選手権にJ.JUAN製品搭載バイクで参加、最終的には表彰台まであと一歩の4位になりました。

6日間にわたる世界エンデューロレースでスペインチームは、イヴァン・セルバンテスを選手リーダーとして起用、最新のメカニックシステムをもつブレーキを搭載。 世界選手権で5回の優勝をとげ、エンデューロの世界では無敵といわれるイヴァンに「9.5 – 10かそれ以上のできあがり。素晴らしい!」 と言わしめました。

サイド・バイ・サイド・ビークルの王者

四輪車の世界では、様々なカテゴリーで戦うチームから製品搭載の勧誘がありますが、 今のところSide by Sideサイド・バイ・サイド・ビークルのカテゴリーのみのレース参加になっています。

SxS車のカテゴリーではJ.JUAN製品が席巻、 トライアルレースでのBraktecブレーキテックを彷彿させました。 ほとんどのレース参戦車が、J.JUANのサン・クガット工場で生産されたブレーキ製品を搭載しています。 さらには、 トビー・プライスをはじめ、ナセール・アルアティヤ、ナニ・ローマやハインツ・キミガーデン( Heinz Kimigarden)などの有名なライダーたちが、我々のハイパフォーマンス製品を搭載し、成果を上げています。

2019年シーズンは私たちJ.JUANにとって、とても満足のいく結果を出せたシーズンでした。 これらの成果は(いうまでもなく)決して安易に得られたものではありません。 。製品を創り出す、競い合う、そして勝利するということは、困難を極めますが、 今はシーズンの成果を喜び、来るシーズンに向けて、よい結果を繰り返していけるよう、強く念じることにします。